"スナック通(ツウ)"スナックオーナーの年代の見分け方『看板』|全国スナック&パブ情報サイト「スナックガイド」

商売繁盛★お店登録スナックメイト(代理店)大・募集中!!スナック大好き 会員募集中
スタッフブログ 趣味を仕事にしてしまったスナックを愛するアラフォー集団のブログ。
サイトでは紹介されないブログだけの“お得な情報”も紹介します。
photoもっと見る
photo いろいろなお店に通ってるスナック好きのスタッフ陣。思い思いにスナックを楽しむポイントをご紹介します!
 
もっと見る
スタッフブログ

photo

"スナック業界を元気に"の合言葉を胸に、
業界復興に全力を尽くす思いを、綴ります!

もっと見る

スナックツウ!

スナックガイド

(1)スナックオーナーの年代の見分け方『看板』

『看板の色』で、オーナー年代をザックリ予想!
皆さんがお店を選ぶ際、それぞれに希望条件があるかと思います。
「若いママが良いな~。」とか、「ベテランのママさんが良いな~」とか。 実はお店に入る前にある程度、看板や店構えで予想する事ができるんです(^^) 以下をチェック!!
(完璧ではありません、参考までに)



『看板』で見分ける!

a.紫・白=ベテラン(70歳代~)
b.青・黄色・赤・緑=中堅(50歳代後半~60歳代後半)
c.ピンク・オレンジ=若手(30歳代~50歳代前半)

a.紫・緑・白 =ベテランオーナー(70歳代~)の解説
今から30数年前スナックが爆発的に流行した時期があり、夜の盛り場・大人の酒場を連想させる“紫色”の看板に人気が集中したという談があります。
また“白色”が多い理由として、元々は喫茶店からスタートした店が夜もスナック営業を始めた店が多かった事から、その名残とも言われています。

b.青・黄色・赤・緑=中堅オーナー(50歳代後半~60歳代後半)の解説
スナック第2世代とも言える高度成長期のオーナー達が、紫や白ばかりでなく自由な色で店をアピールするようになったと言われています。 『景気が良くなると赤や青等の原色の服や車が売れる』と言われますが、まさに時代が反映された色と言えるでしょう。

c.ピンク・オレンジ=若手オーナー(30歳代~50歳代前半)の解説
バブル経済が弾けた後に他店との差別化&少しでも目立つ色、 女性オーナーであれば可愛い女性らしい色を表現する為に選ばれた色。

 




このページの先頭へ