"スナック通(ツウ)"安全なお店!?を見分ける!|全国スナック&パブ情報サイト「スナックガイド」

商売繁盛★お店登録スナックメイト(代理店)大・募集中!!スナック大好き 会員募集中
スタッフブログ 趣味を仕事にしてしまったスナックを愛するアラフォー集団のブログ。
サイトでは紹介されないブログだけの“お得な情報”も紹介します。
photoもっと見る
photo いろいろなお店に通ってるスナック好きのスタッフ陣。思い思いにスナックを楽しむポイントをご紹介します!
 
もっと見る
スタッフブログ

photo

"スナック業界を元気に"の合言葉を胸に、
業界復興に全力を尽くす思いを、綴ります!

もっと見る

スナックツウ!

スナックガイド
(5)安全なお店!?を見分ける!

『店頭』で、安全な店かをザックリ予想!
“知る人ぞ知るシークレットな名店”or“危険な店”を店頭で見分けるのは紙一重(^o^;)


『店構え』で安全なお店!?を見分ける!

a.“風俗営業許可”シールをチェック!
b.“地元飲食組合”シールをチェック!
c. 店頭に呼び込みがいるか!?をチェック!

a.“風俗営業許可”シールをチェック!の解説

入口扉の隅に“風俗営業許可店”のシールが貼られているのを よく目にします。
これは「警察から風俗営業許可を得て営業してます」という証明です!
『風俗営業!?』と思う方もいると思いますが、女の子が隣に座って接客する事も“風俗営業”って事になるんですよ(^^)
ですから許可を取得していない店は客の隣に女の子が座って営業する事ができません。

風営許可シール

飲食物だけを提供する“喫茶店”と同じ扱いになります。
スナックのオーソドックスなスタイルは「カウンター越しに飲食物を提供する店」ですので 基本的にOKなのですが、許可無く女の子が隣に座ってる店は健全とは言えないですよね(^^;)
シールには許可を受けた“年度”が記載されていますので、ココを気にするのであれば「最後に許可を取得したのが何年か!? も注意した方が良いかもしれません。
看板をそのままにして経営者が変わり“悪質な店”になってるかもしれませんよ(^o^;)

また風俗営業許可は取得していますが、店をスッキリ見せる為にあえて表示していない店もありますので一概に“危険”とは言えませんが、堂々と“警察が立ち入って検査”している店と表示してある方が気持ちよく安心して扉を開けられますよね(^o^;)

風営許可シール

 

b. “地元飲食組合”シールをチェック!の解説
どこのエリアでも「飲食店組合」や「社交会」があるものです。
これに加盟・会員として営業しているお店は、ほぼ大丈夫です! 居酒屋・寿司・ラーメン屋・スナック等の飲食業組合員であれば、周辺の加盟店に迷惑を掛けるような事はしませんから(笑)

組合

 

c.店頭に呼び込みがいるか!?の解説
スナックなのに“呼込の男性・女性”がいる時が、たま~にあります。
店のマスターや女の子が暇すぎて通行人に声を掛けているケースもあります(笑)
これはOKだと思いますが、明らかに店員ではなく「雇われた客引き」の場合は注意が必要です。
そのような店の飲食代には“飲酒代”“女の子給料”の他に、“客引きの給料”が含まれています!
リーズナブルに飲めるのがスナックの良いトコなのに、余計な代金が上乗せされるのは嫌ですよね(^o^;)

【よくある例】

客引:『飲み放題90分3,000円でOK!女の子ドリンクは掛からない!』
お客:『ホント?安いね~(^^)』
客引:『ママに伝えておきましたから、どうぞ!どうぞ!』と入店。
店員:『いらっしゃいませ~!!飲みモノ何にします!?』
と間髪入れず席へ案内され飲みへ。
90分後・・・。
ママ:『お会計15,000円です!』
お客:『え~!?呼び込みに女の子ドリンク込で3,000円って言われたよ!』
ママ:『誰ですか、呼び込みって?ウチには呼び込みはいませんよ!誰か知ってる?』
店員:『知らない、誰も見てませんよ!』
お客:『さっき一緒に来た人だよ、外にいるでしょ!?』
ママとお客で外に出て確認するも、その客引きの姿は無し(^o^;)
ママ:『15,000円、ありがとうございます!』
お客:『チーン・・・(泣)』

繁華街では、まだまだこういう店がありますので気を付けてくださいね(^o^;)
案内する客引きが一緒に店内に入ってこない場合は、とくに危険度が高いです!
それでも、もしこういうシュチエーションにあってしまったら、その場で『警察呼んで!』と大きな声で叫びましょう(笑)
お店側も「今回は特別に3,000円でイイですよ。」となるかもしれません(^^;)
(男性店員が複数いる店で叫ぶと「他のお客様に迷惑です!」と“はがい締め”にされ警察に電話もできなくなるのでケースバイケースで頑張ってください(^O^;)/

入り口のシール

上記はあくまでスナックガイド運営側目線の目安です。  
“シール”や看板が無くても、扉を開けたら知る人ぞ知る“繁盛店”というケースもあります。




このページの先頭へ